2012年12月
ある日突然、それまで微塵も思っていなかった世界に手繰り寄せられた。
それは、「イヤーコーニング」という単語を初めて聞いた数時間後の出来事。
その出来事が近藤真澄のその後の人生を大きく左右し、またそこに関わる人々の人生にも大きく影響することになろうとは…。

イヤーコーニングに出逢ってからというもの
次から次へと沸き起こる進めのサインと支えてくださる多くの方々との出会い。

数え上げたらキリがないほど
日々舞い込む不思議。

神秘は詮索せず…をモットーに
ただひたすら粛々と目の前の道を歩み続ける。

炎と煙にゆだねきる…というそのセッションは
ほかでは味わうことのできない深みと心地よさ、さらに大きな変容をもたらすと 多くのリピーターに支えられている。

2012年12月
ある日突然、それまで微塵も思っていなかった世界に手繰り寄せられた。
それは、「イヤーコーニング」という単語を初めて聞いた数時間後の出来事。
その出来事が近藤真澄のその後の人生を大きく左右し、またそこに関わる人々の人生にも大きく影響することになろうとは…。

イヤーコーニングに出逢ってからというもの
次から次へと沸き起こる進めのサインと支えてくださる多くの方々との出会い。

数え上げたらキリがないほど
日々舞い込む不思議。

神秘は詮索せず…をモットーに
ただひたすら粛々と目の前の道を歩み続ける。

炎と煙にゆだねきる…というそのセッションは
ほかでは味わうことのできない深みと心地よさ、さらに大きな変容をもたらすと 多くのリピーターに支えられている。

Scroll to Top