近藤 真澄 プロフィール

三重県生まれ。 高校卒業後、伊勢の神宮に奉職。『舞女(まいひめ)』として、神楽殿で舞を捧げる日々を過ごす。

その後、二十代で結婚・離婚、実父の死に伴う20億にのぼる負債を抱える。 また、時を同じくして次男の小児癌発症など、波乱万丈の連続。 三十代から、自己の成長のため始めた学びをきっかけに、数々の講演会やイベントの主催を経験する。

2012年12月、ある日突然、身体の奥深くから湧き上がる…まだ目にしたこともない経験したこともない『イヤーコーニング』というものへの力強い声を強烈に受け止める。 その力強い声に抗わないことを決め、先のことは何もわからないままに一歩踏み出す。

その…バランスを整える調律の効果には定評があり わずか半年後には全国各地からの依頼にお応えすべく各地を回らせていただく日々が続く。 2016年、多くの方の助言に従うべく 東京都港区にサロンを設け東京を拠点に、全国各地でのセッションをさせていただく。

炎と煙にゆだねきる…というそのセッションは 他では味わうことのできない深みと心地よさをもたらすと各地で多くのリピーターに支えられている。 2014年末よりプレミアムバージョン「巫(かんなぎ)」、2018年立春明けより「産霊(むすひ)」をスタートさせさらなる喜びにあふれるお客様の声を励みに全国各地を飛び回っている。

著書

イヤーコーニング ゆらぐ炎の傍らで

伊勢神宮の舞女として神に仕えてきた著者が、出口の見えない真っ暗なトンネルの中を手さぐりで歩くような波乱の道のりを経て、導かれるように出逢った太古から伝わるイヤーコーニングという叡智。

自らの奥深くから湧きあがる力強い声に従い、その道を歩み始めたときにはじまった大きな変化と変容、そして本来の自分へともどっていく姿を綴る真実の物語

近藤 真澄 ブログ

アイヌと宮古島

本には書かなかった不思議なこと…。     たぶんこれまでの人生で やまのように不思議なことだとか 不思議な出逢いはあったのですが…   まぁ、一冊の本に書ける量は限られていましてね… &n

Read More »

巫(かんなぎ)とは ⑶

『普通のイヤーコーニングと巫はどう違うのですか?』   これは、本当によくいただく質問です。   『端的に言うと、つながるところが違うのです…』   なんていうとても乱暴なお答えしかできなか

Read More »

巫(かんなぎ)とは⑵

暮れも押し迫った12月21日 東京で7人の人を集めてくださっていました。 《巫》という言葉を切り出した彼女の信頼だけで…。 真澄さんが初めて《巫》を披露します…なんて声をかけてくださったそうで…。 本当にありがたいことで

Read More »

巫(かんなぎ)とは ⑴

今までここには触れてきませんでした。 わたしの語彙力で文字に表現するには限界があると思っていましたし お受けいただくことでしか、おわかりいただくことは難しいと わたしが勝手に解釈していたからでもあります。 でも、少し切り

Read More »

強制執行

実は三夜連続で39度超えの熱を出していまして… ああ、またきましたかってただただそれに従うしかなかったワケでして…。   ようやく 今朝はスッキリハッキリクッキリの朝を迎え 大阪への道のりを秋の気持ちの良いドラ

Read More »

コーヒー三杯の代償って…

人を見ているのが好きです。 見られるのは好きじゃないけど…(笑)   視える能力も聴こえる能力も持ち合わせてはいないからこそ その方のお顔の表情や醸し出す雰囲気を ぼんやり見ることをついついしてしまいます。 &

Read More »