イヤーコーニングとは

マインドと五感をクリアにするスピリチュアルな療法

古くから世界中の多くの文明で取り入れられてきたのだと思います。 2016年にエジプトを訪れた際 ホルスの神殿の奥深くで見つけたレリーフは まさにイヤーコーニングそのものの様子でした。 現地の人の説明によると 王様が神様に昇華するときになされるものなのだとか…。 古代では特別な地位の人だけが受けられる特別な療法で、シャーマンの間では、「内なる耳を開く」とされ、心・身体・魂の浄化のために、大切な儀式の時に使われていたとも伝えられています。 長い筒状のコーンを耳管の入り口に差し込んだ状態で火をともします。コーンからは煙がスパイラル状に耳管へと入っていきます。真空状態になったコーンの中ではどんなことがおこなわれているのでしょう。 

イヤーコーニングをお受けいただくことで期待できること

  • 聴覚、視覚、嗅覚など、五感をクリアにする
  • 鼻炎や花粉症をやわらげる
  • 頭痛、肩こりの改善
  • リンパの流れ促進・血行の促進
  • チャクラの浄化、オーラの浄化
  • 深いリラクゼーション
  • 心や精神、感覚をクリアにする
  • リフトアップ
  • 目が良く見えたり耳が良く聴こえるようになる

その他、耳鳴り、蓄膿症、不眠症、いびき、ドライアイ、平衡感覚、うつ症状などが軽くなったという例も見られます。コーンが燃えている間、温かさが伝わり、耳を刺激、またその反射区であるカラダの臓器も優しく刺激されます。そのため、セッション中には、胃腸や足、肝臓などに反応を感じる人もいます。温かさはリラックス誘因のひとつでもあります。本当に気持ちよくなってきて眠ってしまう方も多いです。