著書

イヤーコーニング ゆらぐ炎の傍らで

伊勢神宮の舞女として神に仕えてきた著者が、出口の見えない真っ暗なトンネルの中を手さぐりで歩くような波乱の道のりを経て、導かれるように出逢った太古から伝わるイヤーコーニングという叡智。

自らの奥深くから湧きあがる力強い声に従い、その道を歩み始めたときにはじまった大きな変化と変容、そして本来の自分へともどっていく姿を綴る真実の物語

Scroll to Top