燃えるコーンを初めてこの手で持った日からまる4年が経ちました。 今日から新たな5年目の時を迎えます。

ちょうど3年前の1月にこんなことを書いていました…

———————————————————

2014年初めてのイヤーコーニング…

最後の一本の炎も、いよいよ終わりに近づいた、その時… 感情を伴わない涙が私の瞳からこぼれ落ちました…

魂で繋がるご縁ある多くの方々の何らかの 『浄化』のお手伝い …を固く決意した瞬間だったような気がします…

確かに…眼に見えるのは… 私の肉体であり、コットンと蜜蝋で作ったコーンではありますが

その眼に見えるものを、フルに使おうとしてくださっている眼には見えない何かがあるとするならば…

その何かの思い…にしっかり添えるよう… しなやかに…そして丁寧に…

目の前に横たわってくださるすべての方に 美しく立ち昇る炎とともにお供させていただきたいと思います!

きっと…それが 今、この肉体を持つ私にできる精一杯のことだから…

———————————————————

生意気にもこの時わたしは

『じょうか』のお手伝い…なんて書いています。

ところが、3年経った今…

実は、さらに生意気さに拍車がかかりまして(笑)

ここのところ…

『しょうか』のお手伝い…もさせていただいているような気がしているのです。

てんてん…が取れて、濁らなくなりました。

だから…というわけではありませんが

このたび

より良いイヤーコーニングを広く提供させていただくために

【 イヤーコーニング・ジャパン 】

を設立させていただくことになり

大切な身近な人への…安全で優しいイヤーコーニングの普及と 純粋なる伝承者の育成に全力を注いでいくことを決意いたしました。

ずいぶん長い足踏みがあっての、満を持しての一歩です…

穏やかで平安で、美しく気高き者の知る…そんな己に戻るため 大いなる世界の一助になるべくはたらかせていただきます。

何千年も前に… この摩訶不思議な療法をこの世に作り出してくださった 名も知らぬその方の想いを受け継いで…。